Go to Contents Go to Navigation

来週から上場株の空売り規制強化 自社株買い緩和も=韓国金融委

記事一覧 2020.03.13 18:50

【ソウル聯合ニュース】韓国金融委員会は13日、株式上場銘柄について16日からの6カ月間空売りを禁止すると発表した。

殷成洙(ウン・ソンス)金融委員長(金融委員会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同委員会はこの日午後、臨時会議を開いて16日から6カ月(3月16日~9月15日)の間に有価証券市場、新興企業向け株式市場コスダック、中小企業専用株式市場コネックスの上場銘柄全体について空売りを禁止することを決定した。

 資本市場法および施行令は、証券市場の安定性と公正な価格形成を妨げる恐れがある場合、韓国取引所が金融委員会の承認を経て空売りを規制できるとしている。

 金融委員会は、同じ期間の上場企業による自社株買いの数量制限を緩和することを決めた。このほか、証券会社の過度な信用融資担保株式の反対売買を抑制するため、同期間の信用融資担保比率の維持義務を免除する。

 これに先立ち、金融委員会は10日、市場安定措置として初めて空売りも過熱品目指定対象とする方策を発表したが、株価の下落を防ぐには至らなかった。

 13日には総合株価指数(KOSPI)が1700台を割り込み、コスダック指数も600台を下回ったことで、有価証券市場とコスダックでは取引を一時停止する「サーキットブレーカー」が発動された。韓国株式市場で同じ日にサーキットブレーカーが同時に発動されたのは初めてだ。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。