Go to Contents Go to Navigation

ソウル近郊の教会で40人超が集団感染 礼拝自粛要請を無視

記事一覧 2020.03.16 12:39

【城南聯合ニュース】韓国・ソウル近郊の京畿道城南市は16日、同市内のプロテスタント系「恵みの川教会」の信者40人について新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。これにより、この教会に関連する感染者は計46人に増加した。首都圏の集団感染としてはソウル市九老区のコールセンター関連の感染者124人(15日午前0時現在)に続き、2番目に大きな規模だ。

教会周辺の消毒を行う城南市の関係者=15日、城南(聯合ニュース)

 同教会の牧師夫婦と信者ら6人については、9~15日に感染が確認されていた。感染者全員が8日に開かれた礼拝に出席していたという。

 政府と京畿道は集団感染を懸念して事前に宗教集会の自粛を要請していたが、この教会は礼拝を行っていたことが分かった。

 城南市は集団感染の発生を受け、1日と8日の日曜礼拝に出席した信者135人全員を対象に検査を行った。検査を終えた106人のうち、新たに感染が確認された40人の他に58人が陰性と確認され、8人は再検査を行っている。

 教会側は9日から22日までの2週間、自主的に教会を閉鎖している。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。