Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(3月16日)

◇中銀が0.5%利下げ 過去最低の年0.75%に

 韓国銀行(中央銀行)は16日、政策金利を0.5%引き下げ、年0.75%とすると発表した。米連邦準備理事会(FRB)の緊急利下げなどを受けて、韓銀は臨時の会合を開催。過去最低水準の年1.25%から史上初の0%台への利下げを決めた。

韓国銀行(資料写真)=(聯合ニュース)

◇特別入国手続き対象 きょうから欧州全域に拡大

 丁世均(チョン・セギュン)首相は16日、中央災難(災害)安全対策本部の会議で、欧州で新型コロナウイルスの感染が急速に広がっている状況を受け、「政府はひとまず、きょう午前0時から特別入国手続きの適用対象を欧州全域に拡大した」と発表した。その上で、海外からのウイルス流入を防ぐための追加措置が必要かどうかを速やかに検討するよう、保健福祉部や外交部などの関係官庁に指示した。特別入国対象者は国籍を問わず、マンツーマンで発熱の有無のチェックを受ける。せきなどの症状がある場合、事前にこれを申告しなければならない。入国の際に検疫官は特別検疫申告書を確認する。入国者は韓国国内での滞在先の住所と連絡できる電話番号を提出し、本人の健康状態を報告できる「自己診断アプリ」をダウンロードしなければならない。

会議で発言する丁世均首相=16日、ソウル(聯合ニュース)

◇ソウル近郊の教会で40人超が集団感染 礼拝自粛要請を無視

 韓国・ソウル近郊の京畿道城南市は16日、同市内のプロテスタント系「恵みの川教会」の信者40人について新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。これにより、この教会に関連する感染者は計46人に増加した。首都圏の集団感染としてはソウル市九老区のコールセンター関連の感染者124人(15日午前0時現在)に続き、2番目に大きな規模だ。

◇各大学が新学期開始 オンライン講義でトラブル続出

 新型コロナウイルスの感染拡大により始業式を2週間遅らせたソウル市内の各大学がオンライン講義で新学期を開始したが、サーバーがダウンするなどし学生らが授業を受けられない事態が続出している。教授と学生の双方がオンライン講義に慣れていない上、同じ時間帯に多くの学生がサーバーにアクセスしたことでトラブルが発生した。各大学のサーバー管理部署は、同時にアクセスできる人数を増やすなどのサーバー復旧作業を行っている。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。