Go to Contents Go to Navigation

東野圭吾の新刊「クスノキの番人」 韓国で翻訳出版

韓日関係 2020.03.17 12:30

【ソウル聯合ニュース】韓国でも人気の日本のベストセラー作家、東野圭吾の長編小説「クスノキの番人」が17日、韓国で翻訳出版された。

「クスノキの番人」韓国語版の表紙=(聯合ニュース)

 不思議な力を持つ木と番人の青年が織り成す物語を描いた同作は、東野圭吾の作家生活35周年を記念し、日本での発売と同時に韓国語版と中国語繁体字版が刊行された。中国語簡体字版も発売予定だったが新型コロナウイルス問題の影響で5月以降に延期された。

 東野圭吾は韓国をはじめ東アジア地域で人気が高い。韓国では村上春樹、ベルナール・ウェルベル、李文烈(イ・ムンヨル)らを抑え最も人気がある作家として10年以上君臨してきた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。