Go to Contents Go to Navigation

LINEで音声アシスタント利用可能に 話してメッセージ送信

IT・科学 2020.03.17 13:40

【ソウル聯合ニュース】韓国IT大手NAVER(ネイバー)の日本子会社LINEは17日、対話アプリ「LINE」で同日から米グーグルの人工知能(AI)アシスタント「グーグルアシスタント」が使用できるようになったと発表した。

グーグルアシスタントを利用したLINEの入力画面(LINE提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 アンドロイド6.0以上のスマートフォンでLINEの最新バージョンをインストールすると、音声入力でLINEのメッセージを送ったり、受信したメッセージを確認したりすることができる。

 メッセージの送受信は1対1の対話のみ可能で、送れるのは文字だけに限られる。現在は英語と日本語のみに対応している。

 LINEは「運転中や料理中、子どもの面倒を見ていてスマートフォンを手で操作するのが難しい時に音声とスマートフォンの端末機だけでLINEを利用することができ、日常(生活)がより便利になる」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース IT・科学
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。