Go to Contents Go to Navigation

大統領は経済・首相は防疫 役割分担でコロナに積極対応へ=韓国

記事一覧 2020.03.17 14:48

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日の閣議で、新型コロナウイルスに対応する大統領主宰の非常経済会議を設置する方針を示し、「経済の中央災難(災害)安全対策本部」と位置づけた。その上で、「中央災難安全対策本部とともに非常局面を突破する両輪となる」と説明した。中央災難安全対策本部は丁世均(チョン・セギュン)首相が本部長を務め、政府の防疫対策を指揮している。

閣議で発言する文大統領(左端から2人目)=17日、ソウル(聯合ニュース)

閣議で発言する文大統領(左端から2人目)=17日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は非常経済会議を通じ、経済危機への対応に本格的に乗り出す構えだ。新型コロナウイルスがパンデミック(世界的な大流行)の様相を呈し、株価の下落など経済への影響が「2008年の世界金融危機以上」と判断したためとみられる。

 文大統領は現在の状況を「未曾有の非常経済事態」とし、新型コロナウイルスを克服するためには経済危機への対応と防疫の両方を解決しなければならないと認識しているもようだ。非常経済会議の設置を決めたのは、大統領と首相が役割を分担し、迅速かつ大胆な意思決定で対応していく狙いとみられる。青瓦台(大統領府)関係者は「これから大統領が経済を総指揮し、首相が防疫を担当する」と述べた。

 首都圏での集団感染の懸念が残っているが、全国的に新型コロナウイルスの感染者数の増加幅が減少しているため、経済対応に重きを置く環境が整ったとの分析もある。

 文大統領は今週、非常経済会議の運営案が決まり次第、経済被害を最小限に抑えるための「特段の対策」の策定に集中するとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。