Go to Contents Go to Navigation

金融市場安定化へ 18日に対策発表=韓国経済副首相

記事一覧 2020.03.17 19:59

【世宗、ソウル聯合ニュース】韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は17日の国会企画財政委員会全体会議で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う金融市場の混乱を抑えるため、外国為替取引など金融市場の安定化に向けた対策をあすの経済関連閣僚会議で発表する方針を明らかにした。

国会企画財政委員会全体会議であいさつする洪楠基氏=17日、ソウル(聯合ニュース)

 洪氏は「このところリスク回避の傾向が強まり、金融市場が不安定になりかねない」と強調した。この日のソウル外国為替市場ではウォンが急落し、終値は前日より17.50ウォン安・ドル高の1ドル=1243.50ウォンと、10年ぶりのウォン安水準となった。

 洪氏はまた、米国との通貨交換(スワップ)協定を締結するための努力を再開するべきとの指摘については、「韓米の通貨スワップは強固なセーフティーネットになる」とし、「2008年にもそのような事例があったが、政府は最大限そうしたケースになるよう内部的に努力している」と強調した。

 2008年の世界金融危機の際、韓国は米国と300億ドル(現在のレートで約3兆1974億円)規模の通貨スワップ協定を結び、金融市場の安定化を図った。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。