Go to Contents Go to Navigation

スマホ市場 新型コロナ影響で萎縮の見通し=サムスン電子

IT・科学 2020.03.18 14:02

【水原聯合ニュース】韓国のサムスン電子でスマートフォン(スマホ)事業などのITモバイル(IM)部門を率いる高東真(コ・ドンジン)社長は18日、「今年のスマホ市場は新型コロナウイルス感染症のあおりで萎縮が予想される」と述べる一方、高速通信規格「5G」対応スマホの需要は伸びると見込んだ。ソウル近郊の京畿道水原市内で開催された定時株主総会で、スマホ事業について説明した。

定時株主総会に出席した高社長(左端)=18日、水原(聯合ニュース)

 高氏は折り畳み(フォルダブル)式スマホを含むハイエンド製品に対し前向きな見方を示し、「差別化したプレミアム製品で市場を主導していく」と意欲を見せた。「ギャラクシー」ブランドで5G対応のラインアップをフラッグシップモデルから低・中価格帯のAシリーズまで拡充し、海外パートナーと協力しながら拡張したサービス環境を整える計画を示した。

 フォルダブルスマホに関しては、部品供給などの理由でほかのフラッグシップモデルのように出荷量を増やせないとしながらも、技術力の向上により拡大していくと説明した。

 一方、中国市場の見通しを問われると、まず「大変心痛む状況」と述べた。その上で、中国ではフォルダブルスマホやフラッグシップスマホが支持されているとしながら、「プレミアムモデルと中国企業がつくらない差別化したモデルを中心に、シェアを引き上げたい」と強調した。

新型コロナウイルス感染防止のため、定時株主総会の出席者は指定された席に座った=18日、水原(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース IT・科学
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。