Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(3月20日)

◇新型コロナ感染者 20代が最多

 韓国での新型コロナウイルスの感染者を年齢別にみると、20代が圧倒的に多いことが、20日分かった。政府の疾病管理本部・中央防疫対策本部の資料によると、19日午前0時現在の新型コロナウイルス感染者は計8565人と集計され、年齢別では20代が2358人(27.5%)で最も多かった。20代は社会活動が活発でウイルスにさらされる機会が多いためとみられ、専門家は若者層をターゲットに「社会的距離」を置くことを呼び掛ける必要があると強調した。

新型コロナウイルスの感染者は20代が最も多いことが分かった(イラスト)=(聯合ニュース)

◇新型コロナ拡大 一般患者の治療に支障も

 新型コロナウイルスの感染拡大により、一般の患者が適切な治療を受けられないケースが出ている。医療関係者によると、南東部・大邱で肺炎の症状を示した10代の患者は、新型コロナウイルスの感染が疑われたことで高熱があるにもかかわらず適時に入院治療が受けられずに死亡した。医療界は、政府が新型コロナウイルス感染者に対する具体的な臨床情報を共有しなければならないと主張している。

◇在韓米軍駐留費交渉は平行線 韓国人勤務者の無給休職も

 2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を巡り、韓米は米ロサンゼルスで17~19日(現地時間)に7回目の協議を行ったが、またも妥結に至らなかった。これにより、在韓米軍で働く韓国人に4月1日から無給休職が実施される可能性が高まった。韓米は当初2日間の予定だった日程を1日延長して協議を続けたが、韓国側負担額の総額などについて立場の隔たりが大きかったという。

◇収賄罪などで在宅起訴のチョ前法相 きょう初公判

 娘の奨学金に絡む収賄罪などで在宅起訴されたチョ国(チョ・グク)前法務部長官の事実上の初公判となる公判準備手続きが20日、ソウル中央地裁で行われる。昨年8月に一連の疑惑が持ち上がってから約7カ月での公判開始となる。公判準備手続きに被告の出廷義務はなく、チョ被告は欠席する見通し。チョ被告は捜査段階から容疑を否認しており、この日も弁護士を通じて同様の立場を明らかにすると予想される。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。