Go to Contents Go to Navigation

防疫指針違反なら「断固たる法的措置」 韓国首相

記事一覧 2020.03.22 16:14

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は22日、政府ソウル庁舎で開かれた中央災難(災害)安全対策本部の会議で、「防疫指針を守らない施設には集会や集合を禁止する命令を出し、命令を守らなければ処罰するなど断固たる法的措置が取られなければならない」と強調した上で、「政府の防疫を妨害し、共同体に危害を与える行為にこれ以上の寛容はあり得ない」と述べた。

会議で発言する丁首相(中央左)=22日、ソウル(聯合ニュース)

 今後15日間が新型コロナウイルスの感染拡大防止の分水嶺(ぶんすいれい)になるとみなし、防疫の成功に向け、法的措置を含む政府の行政力を総動員する構えだ。

 丁首相は21日に国民向け談話を発表し、集団感染の危険性が高い宗教施設や室内スポーツ施設などの運営を15日間中断するよう強く勧告した。

 この日は地方自治体に対し、該当施設に対する点検を強化するよう指示。必要なら学習塾やネットカフェなどの施設も管理するよう求めた。

 また、新型コロナウイルスの感染者が急増している欧州からの入国者全員に対するウイルス検査を22日から実施していることにも言及。「海外からの流入遮断にとっても重要な時期」と強調した上で、入国者の自宅隔離の管理などに万全を期すよう指示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。