Go to Contents Go to Navigation

新規感染者98人のうち15人が海外から 水際対策強化=韓国

記事一覧 2020.03.22 15:59

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の影響で、韓国では新たな感染者のうち海外からの帰国者・渡航者が占める割合が15%を超えている。韓国の中央防疫対策本部は22日の会見で、前日に感染が確認された98人のうち、海外から韓国入りした人は15人で、全体の15.3%を占めると明らかにした。

韓国の当局は空港での検疫を強化している(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 15人のうち、欧州を出発して韓国入りした人が8人で最も多く、米国発が3人、カナダ、フィリピン、イラン発が1人ずつ。1人はコロンビアと米国を経由した人だった。

 海外から韓国入りした人で、今月14日から21日までに感染が確認されたのは34人だったが、21日は1日で11人の感染が明らかになった。

 22日午前0時時点の韓国の感染者数は計8897人。このうち海外から韓国入りした人は計123人となった。

 韓国政府はこの日から、欧州からの入国者全員を対象にした新型コロナウイルス検査を実施するとともに、陰性の場合でも14日間の隔離生活を義務付けるなどウイルスの国内流入を防止するための措置を取っている。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。