Go to Contents Go to Navigation

「仕事終えたら自宅へ」 公務員の特別勤務実施=韓国

記事一覧 2020.03.22 19:04

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部の朴凌厚(パク・ヌンフ)第1次長(保健福祉部長官)は22日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため同日から4月5日まで社会的距離の確保を強化する期間に公務員の勤務に関する特別指針を実施し、取り組みを率先する方針を示した。

政府ソウル庁舎で開かれた中央災難安全対策本部の会議=22日、ソウル(聯合ニュース)

 朴氏は「会社員と事業主に『職場の中では密集された環境を避ける』『退社したら自宅に』などを訴えただけに、公務員の服務管理特別指針を定め、公共部門で先頭に立つ」と説明した。

 公共部門では部署別に一定割合はテレワークを義務化するほか、出勤時間と昼休みをずらすことを義務付ける。

 発熱や呼吸器の症状など、新型コロナウイルスの感染が疑われる症状が少しでもあれば出勤せず、勤務中も症状があれば帰宅させる。

 会議や報告は映像や書面で行うとの原則も盛り込まれた。

 国内外への出張も原則禁止し、不必要な外出や私的な集まりは延期するか取り消すよう呼びかける。

 指針は中央官庁の公務員だけではなく、地方公務員、公共機関の職員も対象となる。

 また、国立図書館や博物館、美術館などの運営をすべて中止。国防部は兵士の外出・休暇の全面禁止を継続し、国土交通部は公共交通で乗客の座席の間隔を空けるなどの措置を取る。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。