Go to Contents Go to Navigation

韓国・仁川空港の発着便が済州空港以下に 2001年の開港後初めて

記事一覧 2020.03.23 21:08

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、韓国の仁川国際空港では23日、発着する便が107便となり、223便の済州空港の半数にも満たなかったことが分かった。

閑散とした3月20日の仁川空港出発ロビーの様子=(聯合ニュース)

 仁川空港を発着する1日の便数は今年の初めには1000を超えていたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今月1日には600便、2日には504便、3日には416便と急減した。

 10日には169便に減り、同日の済州空港の便数(189便)を下回った。2001年に仁川空港が開港してから、発着便が済州空港を下回ったのはこのときが初めて。

 済州空港も国際線の運航が中止され、発着便が大幅に減っているが、国内線を中心に200便程度を維持している。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。