Go to Contents Go to Navigation

韓国ネットマーブル モバイルアプリ収益で世界6位

記事一覧 2020.03.24 11:48

【ソウル聯合ニュース】アプリ調査会社の米アップアニーが24日までに発表した2019年世界のモバイル企業のアプリ収益ランキングで、韓国ゲーム開発大手のネットマーブルが6位に入った。

モバイル企業の収益ランキング(アップアニー提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社が公開したランキングによると、ネットマーブルは52社のうち中国の騰訊(テンセント)、網易(ネットイース)、米国のアクティビジョン・ブリザード、フィンランドのスーパーセル、日本のバンダイナムコに次ぐ順位だった。

 ネットマーブルの李承元(イ・スンウォン)社長は、「昨年は『七つの大罪 ~光と闇の交戦(グランドクロス)~』『THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR』『クンヤ キャッチマインド』『BTS WORLD』など多様なジャンルの新作が、差別化されたゲーム性を強みにグローバル市場で肯定的な成果を上げた」と説明した。

 同社はこのランキングで2015年から5年連続で10位以内に入っており、昨年は5位を記録した。

 これ以外にもNCソフト(20位)、ゲームヴィル(39位)、カカオ(48位)などの韓国ゲーム企業がランクインした。

 昨年の世界でのモバイルゲームの売上高は860億ドル(約9兆5000億円)で、モバイルアプリ全体の売上高の72%を占めた。収益ランキングでも、1~9位をゲーム開発企業が独占した。

 52社のうち31社はアジア・太平洋地域に本社を置いていると集計された。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。