Go to Contents Go to Navigation

ソウルのコロナ感染者が348人に 海外からの入国者ら12人増

社会・文化 2020.03.25 12:06

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は25日、同市で新型コロナウイルス感染が確認された人は同日午前10時現在で計348人になったと発表した。前日から12人増えた。完治して病院や施設を出たのは72人で前日と変わらず。276人に隔離措置が取られている。

閑散とした仁川空港の出発ロビーの様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 新たに感染が確認された12人のうち、8人は海外で感染したと推定される。米国からの入国者が4人、フィリピンからの入国者が2人、英国と南米からの入国者がそれぞれ1人だ。

 この他の感染者も、米国や英国からの入国者と接触したことが分かっている。

 ソウルの感染者全体のうち、海外渡航後に感染が確認された人とそれらの人との接触者は計66人となった。首都圏としては最大規模の集団感染が発生した、九老区のコールセンター関連の感染者95人に次いで多い。このほか、教会信者を中心にした感染の連鎖が起こった東大門区で25人、恩平区、江西区でそれぞれ21人、蘆原区で20人などの感染が確認された。

ynhrm@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。