Go to Contents Go to Navigation

中国軍機が韓国防空圏に進入 直通電話で「通常の軍事活動」

政治 2020.03.25 15:46

【ソウル聯合ニュース】韓国軍の合同参謀本部は25日、中国の軍用機1機が同日午前、韓国南部・済州島東南の韓国防空識別圏(KADIZ)に入ったと発表した。

中国の軍用機(日本防衛省統合幕僚監部提供資料より)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 Y9偵察機とみられるこの軍用機はこの日午前10時6分ごろ、済州島の南の岩礁、離於島近くの韓国と中国の防空識別圏が重なる上空からKADIZに入り、同23分に離脱した。

 その後日本の防空識別圏を飛行し、午前11時40分ごろKADIZに再び進入。同58分ごろ韓国と中国の防空識別圏が重なる上空に抜けた。

 韓国の防空識別圏に入った時間は合わせて約35分だった。

 韓国軍は、中国軍用機がKADIZに進入する前にこれを確認し、戦闘機を緊急発進させた。

 同軍は軍用機のKADIZ進入前に中国側と直通電話で通信し、中国側は「通常の軍事活動中だ」と応答したという。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。