Go to Contents Go to Navigation

韓国行き航空便の乗客全員に体温検査 30日から

記事一覧 2020.03.27 14:40

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部は27日、新型コロナウイルスの国内流入を防ぐため、30日から韓国行きの航空便の乗客全員に対し、搭乗前に体温検査を実施する方針を明らかにした。

空港で実施されている体温検査(資料写真)=(聯合ニュース)

 検温は航空会社が行う。航空会社に対しては、乗客の体温が37.5度を超える場合は搭乗を禁じ、チケット料金を払い戻すよう求める。

 韓国の国内線では韓国空港公社が24日から搭乗客の体温検査を実施している。発熱が確認される乗客に対しては搭乗しないよう案内し、新型コロナウイルス検査を受けるよう勧告している。

 仁川国際空港では国際線に搭乗する際、空港の入り口とチェックインカウンター、搭乗ゲートの計3カ所で体温検査を行っている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。