Go to Contents Go to Navigation

韓国首相「全入国者に2週間の隔離義務付け」 4月1日から

記事一覧 2020.03.29 16:09

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は29日、中央災難(災害)安全対策本部の会議で、「4月1日午前0時から地域、国籍に関係なく全ての入国者に対し2週間の隔離を義務付ける」と述べた。

丁首相(資料写真)=(聯合ニュース)

 丁氏は、政府が欧州と米国からの入国者に対する検疫を強化したが、新型コロナウイルス感染が世界で急速に広がっていることを受け追加の対応が必要だとした。

 また、観光など不要不急の目的の入国を事実上遮断するため、短期滞在の外国人に対しても隔離措置を義務付けるとした上で、「韓国内に居所がない場合は政府が提供する施設に強制隔離され、費用は自己負担となる」と説明した。

 丁氏はこのほか、米国で失業手当の申請者が急増していることに触れ、「対外依存度が高いわが国が受けることになる経済的打撃が米国より小さいとみるのは難しい。雇用安定に向けて先制的な対処が必要だ」と述べた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。