Go to Contents Go to Navigation

週末の映画観客数11万人台に 減少に歯止めかからず=韓国 

記事一覧 2020.03.30 10:03

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、韓国の先週末の映画観客数が11万人台にまで落ち込んだことが30日、分かった。

新型コロナウイルスの影響で閑散とした映画館(資料写真)=(聯合ニュース)

 映画振興委員会によると、先週末(28~29日)の観客数は計11万6730人にとどまった。土曜日の28日は6万3276人、日曜日の29日は5万3454人で、1日当たりの観客数が10万人を大きく下回った。

 前週末(21~22日)の13万4925人からも減少した。複合映画館(シネコン)最大手のCGVが28日から全国の35劇場を休業としたことも影響していると分析される。

 週末の興行ランキング1位はハリウッド映画「ジュディ 虹の彼方に」、2位は「透明人間」だった。

 また、封切りを見送る新作映画が多い中で旧作が再び10位圏内に入り、日本のアニメ映画「天気の子」が6位にランクインした。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。