Go to Contents Go to Navigation

2月のEC売上高34%急増 食品注文が倍増=韓国

記事一覧 2020.03.30 12:06

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部が30日に発表した2月の小売売上高は、電子商取引(EC)が前年同月比34.3%急増した一方、百貨店や総合スーパーなどの実店舗が7.5%減少し、全体で9.1%増となった。新型コロナウイルス感染の拡大を受け、外出や外食を控えて自宅に閉じこもって過ごす人が増え、食品を中心にインターネット通販の利用が大きく伸びた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外出や外食を控える人が増えた(コラージュ)=(聯合ニュース)

 ECサイトを運営する13事業者の2月の売上高は、2016年6月の統計変更後では最大となる前年同月比34.3%の伸びを記録した。品目別では食品の増加率が92.5%と最も大きい。マスクなど衛生用品を含む生活用品・家具(44.5%増)や子ども・ベビー用品(40.6%増)、図書・文具(37.5%増)、化粧品(37.5%増)などの売上高も大幅に増えた。

 一方、新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐために「社会的距離」の確保が求められていることから、実店舗13事業者の売上高は前年同月比7.5%減少した。統計変更後で2番目の落ち込み幅。

 百貨店は女性カジュアルや子ども・スポーツ用品を中心に売上高が21.4%急減した。総合スーパーも衣料や雑貨の売上高が減り、10.6%のマイナスだった。

 ただ、自宅近くの店舗の利用は増えたようで、コンビニエンスストアは7.8%、中・大型スーパーは8.2%、それぞれ増加した。コンビニはマスクや常備薬などを含む生活用品の販売が急増した。スーパーは加工食品、生鮮・調理済み食品を中心に伸びた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。