Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 VR・ARなど体験型コンテンツ産業育成に本腰 

IT・科学 2020.03.31 10:00

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は今年2677億ウォン(約236億円)を投じて仮想現実(VR)や拡張現実(AR)など体験型コンテンツ産業の育成に取り組む。科学技術情報通信部が31日、体験型コンテンツに関する第1回政策協議会を開いたと伝えた。

政府が体験型コンテンツ産業の活性化に本格的に取り組む=(コラージュ)=(聯合ニュース)

 科学技術情報通信部を中心に関係官庁が幅広く協力する。今年はまず、国防、文化、教育、産業などの公共部門で先進的な体験型コンテンツプロジェクトを進める。1074億ウォンを投じる計画だ。

 ホログラムやVR・ARデバイスなどの基幹技術の開発と、次世代通信規格5Gに対応した体験型コンテンツの製作・テスト用のインフラ構築に625億ウォンを投資する。体験型コンテンツ分野の中小・ベンチャー企業の成長を支援するファンドの組成、規制緩和、体験型コンテンツ専門人材の養成には968億ウォンを振り向ける。

 政府は政策協議会での議論を土台に2020年の体験型コンテンツ産業活性化の実行計画を具体化し、続いて人材養成や規制緩和など分野別の政策を策定する計画だ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース IT・科学
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。