Go to Contents Go to Navigation

ソウル市 外国人にマスク10万枚提供へ=留学生・健保未加入者対象

記事一覧 2020.03.31 10:37

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市は31日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、マスクの入手が困難な外国人留学生や健康保険に未加入の外国人を対象に、マスク計10万枚を提供すると発表した。

外国人に配られるフィルター交換型マスク(ソウル市提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 市内の大学40校とソウルグローバルセンターなどの外国人支援機関で、フィルター交換型のマスクと交換用フィルター5枚を配る。

 同市によると、マスクが購入可能な曜日を出生年によって指定する「マスク5部制」で外国人がマスクを購入するには、外国人登録証と健康保険証を提示しなければならない。

 一方、昨年に外国人の健康保険義務加入制度が導入されて以降、健康保険に加入できるのは韓国に6カ月以上滞在する外国人に限られ、外国人留学生は2021年2月まで義務加入の対象から除外されるため、実際には加入率が低い。

 ソウル市の金鶴鎮(キム・ハクジン)安全総括室長は「マスクの購入が難しい外国人留学生と労働者にマスクを支援することは、外国人だけでなく市民の安全のための措置だ」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。