Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜自のウエアラブルロボット 世界的デザイン賞受賞

IT・科学 2020.03.31 11:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と子会社の起亜自動車は31日、産業用ウエアラブルロボット「VEX」と起亜の欧州向け戦略モデル「XCeed」が、世界3大デザイン賞の一つとされるドイツの「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞したと発表した。

ウエアラブルロボット「VEX」(現代・起亜自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現代・起亜が自動車以外の製品として初めて出品したVEXは、電気供給の必要がないチョッキ型ウエアラブルロボットで、産業現場で長時間腕を上げて作業する労働者の筋骨格系疾患を減らし、作業効率を高めるために開発された。

 現代・起亜の関係者は「使いやすさだけでなく、審美的優秀性も認められた」と述べた。

 起亜のXCeedは、欧州向けの準中型ハッチバック「Ceed」のクロスオーバーユーティリティーモデルで、昨年下半期に欧州市場で発売された。

 起亜は、レッド・ドット・デザイン賞の受賞実績が25回に増え、デザイン競争力を立証したと説明した。

ynhrm@yna.co.kr

最新ニュース IT・科学
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。