Go to Contents Go to Navigation

古宮観覧券の確認は「非接触」で 新型コロナ対策あすから=韓国

記事一覧 2020.03.31 13:05

【ソウル聯合ニュース】韓国文化財庁の宮陵遺跡本部は31日、ソウル中心部にある朝鮮王朝時代の宮殿、昌徳宮と徳寿宮で4月1日から、観覧券のバーコードなどを読み取らせて入場する新システムのテスト運用を始めると発表した。来場者と職員が直接接触することがなくなる。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための試みだ。

観覧券確認の新システム(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 来場者が観覧券に印刷されたバーコードとQRコードをスキャナーにかざすと、職員はコンピューターで観覧券の内容を確認する。これまでは職員が観覧券の半券を切り離してから来場者に戻していた。

 宮陵遺跡本部はテスト運用の結果を踏まえてシステムの安定性を向上させた上で、ほかの宮殿や朝鮮王陵にも導入する方針だ。関係者は「非接触方式によって安全な観覧環境をつくることができる。入場もよりスムーズになる」と説明した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。