Go to Contents Go to Navigation

韓国で名作の再上映増える 新作映画の公開延期で=新型コロナ

記事一覧 2020.04.02 10:46

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大を受けて新作映画の公開中止や延期が相次ぐ韓国で、名作、良作の再上映が増えていることが2日、分かった。複合映画館(シネコン)大手は4月も再上映作品をそろえた企画展を催す。

ロッテシネマの企画展(ロッテシネマ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 映画振興委員会の調べによると、1~3月の再上映作(上映回数40回以上)は130本で、前年同期(67本)のほぼ2倍に増えた。

 背景には新型コロナウイルスの感染拡大がある。韓国映画マーケティング社協会が会員企業24社を対象にアンケートを実施したところ、1~6月の公開を延期または中止した作品は75本に及ぶ。韓国映画が27本、輸入の外国映画28本、米ハリウッドの直接配給作品が20本。

 映画館側は代わりに、懐かしの映画を再上映している。

 シネコン最大手のCGVは4月2日から「誰かの人生の映画企画展2」として、韓国映画の「ビート」(原題)をはじめ、「生き残るための3つの取引」「リメンバー・ミー」「春の日は過ぎゆく」を、アイマックス館では「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」「アクアマン」を上映する。CGVアートハウスは8日まで「ザ・マスター」「偽りなき者」「アメリカン・ハッスル」など8本を上映中だ。

 ロッテシネマはジャンルごとに厳選した作品を再上映する企画展を催す。ロマンチック・コメディの「ブリジット・ジョーンズの日記」やアクションアドベンチャーの「ジュラシック・ワールド/炎の王国」、アニメーション「ミニオンズ」などをそろえた。また、韓国のインディーズ映画と芸術映画を紹介する企画展も準備した。

 メガボックスは9日からのアニメ企画展で、「劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~」や「ご注文はうさぎですか??~Dear My Sister~」など12本を再上映する予定だ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。