Go to Contents Go to Navigation

韓国最大の仏教宗派 全国の寺での法要中止を延長=新型コロナ

記事一覧 2020.04.02 15:37

【ソウル聯合ニュース】韓国最大の仏教宗派、大韓仏教曹渓宗は2日、新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることを受け、全国の寺で法要など多くの人が集まる行事を中止する措置を今月19日まで延長すると発表した。

ちょうちんが飾られた曹渓宗の総本山・曹渓寺の境内=(聯合ニュース)

 曹渓宗は全国の寺に向けた緊急指針で、感染拡大を防ぐため寺の入り口に新型コロナウイルスに関する案内文と注意事項を掲示し、本堂など室内はドアや窓を開けて喚起するよう要請。また、主な施設や多くの人が出入りする空間を毎日消毒するなどして衛生管理に万全を期してほしいと求めた。

 これに先立ち、曹渓宗は先月、釈迦誕生日(旧暦4月8日)の4月30日に予定していた祝いの法要を5月30日に1カ月延期することを発表した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。