Go to Contents Go to Navigation

バイト従業員の半数 新型コロナ感染拡大後に収入減=韓国

記事一覧 2020.04.03 08:44

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルス感染の拡大が始まって以降、アルバイトをする人の50.5%が所得の減少を経験した。アルバイト情報サイトのアルバモンが3日、1737人を対象に実施したアンケートの結果を公表した。

新型コロナウイルスの感染拡大がアルバイトをする人の収入にも影響を及ぼしている(コラージュ)=(聯合ニュース)

 「所得に変化がない」は48.0%だった。 

 「所得が減った」の割合を業種別にみると、塾・教育が62.6%で最も多く、売り場管理・サービス(50.4%)、配達・生産・労務(50.3%)、事務補助(48.7%)などもほぼ半分を占めた。

 所得減少の理由を尋ねると、「時給はそのままだが、勤務時間が減ったため」が62.2%、「残業がなくなり、手当が減ったため」が9.5%だった。

 また、新型コロナウイルス感染拡大の影響で解雇されるかもしれないという不安を感じたことがある人は全体の64.4%に上った。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。