Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮「世界の新型コロナ終息まで非常防疫体制」 隔離は約500人

記事一覧 2020.04.03 10:17

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、「国家非常防疫事業総和会議」がこのほど開かれ、世界的に拡大する新型コロナウイルス感染が終息するまで国家非常防疫体制を維持しながら防疫にあたることが強調されたと報じた。ウイルス流入を防ぐために北朝鮮内で隔離措置が取られている人は500人程度となっている。

北朝鮮・平壌市内の病院の入り口で、看護師が来院者の体温を確認している=(AFP=聯合ニュース)

 同通信は、この会議で「防疫事業に慢性的に対応する一部の否定的な現象が強く総和(批判)された」と伝えた。世界規模の感染拡大が続く中、防疫指針を守らないなど一部で緩みが出ていることを警戒するもので、「会議では、世界的に感染症が完全になくなるまで国家非常防疫体系を維持し、社会全体、人民全体の行動一致により防疫事業を強化することが特別に強調された」とした。

 北朝鮮は1月末、ウイルスの震源地とされる中国・武漢の状況が悪化すると国家非常防疫体制を宣言し、各地域に非常防疫指揮部を組織した。同月24日から空路、海路、陸路の利用を全面的に規制し、北朝鮮への入国者とその接触者を最長40日間隔離する厳しい措置を取った。北朝鮮内に搬入される物資の消毒など、通関現場の防疫にも注力した。

 一方、北朝鮮内で隔離措置が取られている人は現在500人程度だという。中央通信によると、平安北道と黄海南道、慈江道、江原道、咸鏡南道、開城市で隔離されている人はいない。症状がなくなった人の隔離の解除と、その後の自宅待機を含む「医学的な監視」も防疫規定に沿って進められていると伝えた。

 北朝鮮は今も、新型コロナウイルスの感染者が出ていないと主張している。

平壌市内に設置された屋外スクリーンで新型コロナウイルス関連のニュースを見る市民=(AFP=聯合ニュース)

北朝鮮でも「社会的距離」の確保が重視されていると伝える動画=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。