Go to Contents Go to Navigation

海外からの新型コロナ流入 「コントロール可能に」=韓国首相が期待

記事一覧 2020.04.03 09:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は3日、中央災難(災害)安全対策本部の会議で、海外からの新型コロナウイルスの流入が続いていることに関し、「近く自主隔離する人の数が安定し、入国者そのものも今より減れば、海外からの流入はかなりコントロール可能になると期待している」と述べた。

会議で発言する丁世均氏=3日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国政府は海外からの流入防止に向け、1日から全ての入国者に対し2週間の自主隔離を義務付けている。丁氏は「しばらくは海外からの入国者数が維持され、隔離中に確認される感染者も増加するだろうが、(隔離中の入国者の)地域社会との接触遮断がしっかり管理されれば、感染は広がらないだろう」と語った。

 一方で、自主隔離の義務化より前に入国した人々が政府の勧告を無視して地域社会と接触しないよう、自治体の積極的な対応が必要だとも指摘した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。