Go to Contents Go to Navigation

文大統領 「植樹の日」に山火事被災地訪問=住民らを激励 

政治 2020.04.05 12:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「植樹の日」の5日、1年前の山火事で大きな被害を受けた北東部の江原道を訪れ、住民らを激励した。

 文大統領夫妻はこの日、江原道・江陵で、山火事の消火活動に参加した住民ら40人と共に、松の木を植樹した。文大統領が同地域を訪問するのは約1年ぶり。住民らを激励するとともに、被害地域の完全な復旧を約束する意味合いがある。

松の木を植樹する文大統領夫妻(手前)=5日、江陵(聯合ニュース)

 同地域での山火事は昨年4月4日に発生。被害はサッカー場(7140平方メートル)2460面分にあたる計1757ヘクタールに及んだ。住宅など約300棟が焼け、農業施設も大きな被害を受けた。

 当時、日本のロックバンド「X JAPAN」のリーダー、YOSHIKIさんは、被災地の子どものため、1億ウォン(約970万円)を寄付した。 

csi@yna.co.kr

最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。