Go to Contents Go to Navigation

韓国総選挙の有権者 前回比4.5%増の4399万人

記事一覧 2020.04.05 14:37

【ソウル聯合ニュース】韓国行政安全部は5日、韓国の総選挙(15日投開票、定数300)の総有権者数が4399万4247人で確定したと発表した。投票権年齢を満18歳以上に1歳引き下げたこともあり、有権者は前回2016年の選挙時より189万3849人(4.5%)増加した。

300人の国会議員を選ぶ4年に一度の総選挙が15日に投開票される(コラージュ)=(聯合ニュース)

 このうち国内の有権者が4382万2288人で、海外で在外投票を行う有権者は17万1959人。小選挙区と比例代表の両方に投票できる有権者は4396万1157人で、在外国民のうち居住国に永住権を持つ人ら3万3090人は比例だけに投票できる。

 新たに投票権を持つことになった18歳の有権者は54万8986人で全体の1.2%を占める。

 有権者を年代別にみると、50代が864万9821人で最も多く、全体の19.7%を占めた。40代が835万7423人(19.0%)、30代が699万4134人(15.9%)、20代が679万6623人(15.5%)、60代が643万9959人(14.7%)、70歳以上が556万9535人(12.7%)、10代が115万3662人(2.6%)となった。

 広域自治体(17市・道)のうち最も有権者が多かったのは京畿道の1106万1850人で全体の25.2%を占めた。2位はソウルで846万5419人。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。