Go to Contents Go to Navigation

ソウル市「自主隔離違反は即時告発」 損害賠償や過失致傷の可能性も

記事一覧 2020.04.07 06:00

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は7日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた自主隔離規則の違反者に対し、即時告発するなど厳しい姿勢で臨む方針を明らかにした。

仁川国際空港の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国当局は5日、改正感染症予防法の施行に伴い、自主隔離規則の違反者に対する罰則を大幅に強化。違反者には、1年以下の懲役または1000万ウォン(約89万円)以下の罰金が科せられる。これまでは300万ウォン以下の罰金だった。

 これを受け、市は自主隔離規則の違反者は即時告発し、生活支援費の支給を取りやめる。

 違反行為により新規の感染者が発生した場合、改正感染症予防法違反だけでなく、過失致傷の疑いで刑事告発する方針だ。また防疫費用などの損失に対する損害賠償も請求することを決めた。

 ソウル市は電話確認や所在地の確認ができる「安全保護アプリ」などのほか、自主隔離対象者の居住地を予告なく訪問するなどして、違反がないか監視を行っている。

 アプリを設置した対象者は1日2回、決まった時間に自身の症状をアプリに入力しなければならない。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。