Go to Contents Go to Navigation

2月の経常黒字64億ドル 対中輸出減るも貿易黒字拡大=韓国

記事一覧 2020.04.07 09:53

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が7日発表した国際収支(速報値)によると、2月の経常収支は64億1000万ドル(約6990億円)の黒字だった。黒字幅は前年同月(38億5000万ドル)から25億6000万ドル拡大した。昨年は2月にあった旧正月連休が今年は1月に移り、前年同月比で営業日数が増えたことに加え、半導体市況の好転を背景に商品収支(貿易収支に相当)の黒字が増加したため。新型コロナウイルスの感染拡大は、中国向け輸出など部分的に影響を及ぼすにとどまった。また、海外旅行が減り、サービス収支も改善した。

港に積み上がる輸出用のコンテナ(資料写真)=(聯合ニュース)

 2月の商品収支は65億8000万ドルの黒字で、前年同月(54億2000万ドル)に比べ11億6000万ドル増加した。

 輸出額は418億2000万ドルで前年同月比4.0%の増加に転じた。輸入額も352億4000万ドルと1.3%増えたが、輸出額の伸びが上回った。輸出をみると、旧正月連休の移動で営業日が3.5日増えたほか、半導体が51.3%、情報通信機器が27.9%、それぞれ輸出量を大きく伸ばして後押しした。

 ただ、中国向け輸出(通関ベース)は6.7%減少)した。同国は1月下旬から湖北省を中心に新型コロナウイルス感染が広がり、春節連休が延長された。これに関し韓国銀行関係者は「輸出だけみると、新型コロナウイルスの影響は大きくなかった」と述べた。

 2月のサービス収支は14億5000万ドルの赤字だった。赤字幅は前年同月に比べると9000万ドル縮小した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた旅行客の減少が主因。韓国への入国者は43.0%減の69万人、出国者は60.0%減の105万人に落ち込み、旅行収支の赤字は2億7000万ドル減り5億7000万ドルとなった。

 給与・賃金と投資に伴う利子や配当を差し引きした所得収支(第1次所得収支)は12億5000万ドルの黒字だった。機関投資家を中心に海外から受け取る配当が増え、黒字幅が前年同月比7億9000万ドル拡大した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。