Go to Contents Go to Navigation

文大統領が研究機関訪問 新型コロナ治療薬の開発状況を点検

記事一覧 2020.04.09 13:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が9日、新型コロナウイルスの治療薬とワクチン開発の現場を訪れ、研究員らを激励した。

会議では治療薬とワクチン開発の状況について報告が行われた=9日、城南(聯合ニュース)

 新型コロナウイルスの対応現場を訪れるのは、7日に仁川国際空港で検疫当局の関係者に会って以来、2日ぶり。世界的な感染拡大が続いているなか、治療薬とワクチンに対する各国の関心も高まっており、韓国の研究者がこの分野で成果を得られるよう力づける狙いがあるようだ。

 文大統領はこの日午前、ソウル南方の京畿道城南市にある韓国パスツール研究所を訪れ、医師や製薬会社関係者、研究者ら専門家が一堂に会した新型コロナウイルス治療薬・ワクチン開発に関する合同会議に出席した。

 この席で、文大統領は危機の根本的な克服に向けた治療薬とワクチン開発の重要性を重ねて強調しながら、努力を続けてほしいと求めた。また、現実的な治療薬開発方法として期待を集めているドラッグ・リポジショニング(既存薬再開発)に関する研究結果の報告を受けた。

 ドラッグ・リポジショニングとは、新薬開発に時間がかかることを踏まえ、既存薬を転用できるかどうか効能を検証する作業を指す。

 パスツール研究所は2月から政府の資金支援を受けて約2500種類の薬を対象に細胞実験を行い、新型コロナウイルスを治療する効能を持つ複数の候補薬を見つけ出した。

 専門家らは、新型コロナウイルスの治療薬とワクチンの開発は国の危機に対応するためのものだとして総合的な支援を要請。これを受け、政府は感染症に対する研究開発(R&D)投資を大幅に増やし、5月初めには新型コロナウイルスに感染する霊長類を対象に治療薬1件、ワクチン2件の効能検証に入れるよう支援するという。

 青瓦台(大統領府)は「治療薬とワクチンの開発は、韓国型防疫モデルの構築に向けた重要な契機になり得る」と期待を示している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。