Go to Contents Go to Navigation

現代自の米国工場 操業停止を5月1日まで延長

経済 2020.04.10 09:55

【ソウル、メキシコ市聯合ニュース】韓国の現代自動車は9日、米国・アラバマの工場について5月1日まで操業を停止すると発表した。

現代自動車のアラバマ法人(ホームページから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社は自動車需要の減少と従業員の安全、新型コロナウイルスの感染拡大防止を最優先とし、操業停止期限を4月10日から延長したと説明した。

 アラバマ工場では従業員の新型コロナウイルス感染が確認されたことを受け、3月18日から生産を停止した。先ごろ従業員1人が新型コロナウイルスによる感染症で死亡した。

 現代自動車の子会社、起亜自動車のジョージア工場も操業停止期限を4月10日から24日に延長した。同工場は3月30日から閉鎖されている。

 同社は、メキシコ工場も操業停止期間を4月24日までに延長した。

 メキシコ工場は、当初6~8日に操業を停止し、キリスト教の復活祭(イースター)の連休が終わった後、13日に操業を再開する計画だった。

 また、現代自動車ブラジル工場も政府の方針に従い24日まで操業を停止する。ブラジル工場は3月23日から4月9日まで生産を停止する予定だった。

ynhrm@yna.co.kr

最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。