Go to Contents Go to Navigation

自主隔離中の有権者は期日前投票できず 韓国総選挙

記事一覧 2020.04.10 11:22

【ソウル聯合ニュース】韓国で総選挙(15日投開票、定数300)の期日前投票が10日に始まったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のための自主隔離の対象となっている有権者は期日前投票を行えない。

新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐため、マスクと使い捨て手袋を着用して期日前投票を行う有権者=10日、世宗(聯合ニュース)

 中央選挙管理委員会によると、政府と選管は自宅などで自主隔離している有権者の投票方法を検討してきたが、期日前投票(10~11日)までに結論を出せず、本投票日(15日)前まで議論を続けることにした。

 選管は午前6時から午後6時までの投票時間後に臨時投票所を設ける案を有力に検討しているが、政府はさらに確認すべき事項が残っているとの立場だという。

 選管の関係者は聯合ニュースの取材に「政府が自主隔離の(一時的な)解除を決定した場合、各地の投票所でどう対応するかについての構想はある。本投票日までに徹底して準備する」と語った。

 選管と政府が現在検討している対策を確定させれば、自主隔離している有権者は15日に投票できる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。