Go to Contents Go to Navigation

韓国企業人 クウェートに例外入国へ

記事一覧 2020.04.10 17:45

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大による各国の入国禁止措置で企業活動に影響が出ているなか、クウェートが韓国の企業関係者の例外入国を認めたことが、10日分かった。

現代建設がクウェートの人工島に建設した海上橋梁(現代建設提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 外交部によると、クウェートに滞在する韓国人225人が11日午前、クウェート航空のチャーター機で仁川国際空港に到着する。

 続けて、同じ航空機で現代建設など韓国企業25社の関係者106人がクウェートに向けて出発する。

 チャーター機の運航費用は帰国者と企業側が負担する。

 クウェートは新型コロナウイルスの急速な感染拡大により、全ての外国人の入国禁止と航空便の運航中止措置を取っている。海外の企業関係者の例外的な入国を認めたのは今回が初めて。

 クウェートに入国する韓国企業の関係者は出国直前と現地到着直後に新型コロナウイルスの検査を受け、どちらも陰性と確認されれば出入国が可能になる。入国後は企業が現地に用意した施設で14日間隔離される。

 外交部は、先月韓国企業が同部に対しクウェートへの入国支援を要請したことを受け、康京和(カン・ギョンファ)長官が同国のカウンターパートなどに書簡を送り、電話で協議したほか、国会議長や国土交通部長官も書簡を送るなどの努力を傾けたと説明した。

 今回例外措置として入国が認められ、丁世均(チョン・セギュン)首相名義で謝意を表す書簡も送ったという。

 外交部の関係者は「クウェート入国のため、1カ月間孤立状態でアラブ首長国連邦(UAE)で待機した国民も、韓国を経由して今回(クウェートに)入国することになった」とし、「クウェートが全面入国禁止措置を取っている状況で例外が認められたことに意味がある」と評価した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。