Go to Contents Go to Navigation

新型コロナによる経済ショック 韓国消費者の61%「半年以上続く」

記事一覧 2020.04.12 13:33

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルス感染者の増加ペースが鈍化しているが、同ウイルスの感染拡大による経済への衝撃が半年以上続くとみている消費者が4人中3人に上り、経済的不安が大きいことが12日、分かった。

ソウルの雇用福祉プラスセンターの失業手当相談窓口を訪れた市民(資料写真)=(聯合ニュース)

 米コンサルティング企業、マッキンゼー・アンド・カンパニーの報告書によると、3月28~29日に18歳以上の韓国人消費者600人を対象にアンケートを実施した結果、「経済が2~3カ月以内に上向き、新型コロナウイルスの感染拡大前の水準を回復する」との回答は25%にとどまった。

 61%は「経済への衝撃が6~12カ月、またはそれ以上続き景気低迷や低成長に陥る」、14%は「経済に恒久的な衝撃が加えられ長期の景気低迷に陥る」と答えた。

 回答者の多くは既に所得や消費など個人的な経済生活が影響を受けていることが分かった。過去2週間の個人所得が「減った」との回答は46%だったが、「増えた」との回答は2%にすぎなかった。残る52%は変動がなかったと答えた。消費も「減った」との回答が47%で最も多く、「増えた」が28%、「変動なし」が25%だった。

 特に、「現在の状況に照らし、消費支出に注意すべきだ」との答えが51%に達したのに対し「そうではない」との答えは9%にとどまり、不安を感じる消費者が圧倒的に多かった。

 新型コロナウイルスの感染拡大が回答者本人や家族の財政状態に2カ月以上にわたり悪影響を与えると予想する回答者も91%に達した。

 マッキンゼー・アンド・カンパニーは、韓国内の新型コロナウイルスに関する状況が安定化したが消費者心理の回復にはつながっていないとの見方を示した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。