Go to Contents Go to Navigation

新型コロナで111人が再陽性 原因調査中=韓国当局

記事一覧 2020.04.12 16:24

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は12日の記者会見で、新型コロナウイルスによる感染症が完治し隔離が解除された後、再び陽性判定を受けた人が計111人になったと明らかにした。

中央防疫対策本部の鄭本部長(疾病管理本部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 鄭氏によると、多数の感染者が出た南東部の大邱市と慶尚北道で再陽性の報告が多かった。再陽性の原因がウイルスの再活性化なのか、再感染なのかなどを調べているという。

 また、再陽性は海外でも報告があり、国内の調査結果を世界保健機関(WHO)などと共有するという。

 再び陽性が確認されるケースが続ていることを受け、防疫当局は感染者の自主隔離解除後の管理を強化する方向で指針を補完する方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。