Go to Contents Go to Navigation

宮中文化フェスと宗廟大祭 新型コロナで今年は秋だけ=韓国

記事一覧 2020.04.13 12:30

【ソウル聯合ニュース】韓国文化財庁の宮陵遺跡本部は13日、毎年春に開催する文化遺産フェスティバル「宮中文化祝典」を今年は9~10月に開くと発表した。この催しの一環である「宗廟大祭」も春は執り行わず、11月7日の秋の大祭だけとする。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためだ。

昨年5月に行われた宗廟大祭(資料写真)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 宮中文化祝典はソウル市内にある朝鮮王朝時代の4大王宮(景福宮、昌徳宮、昌慶宮、徳寿宮)を中心に開催される。展示や公演、体験イベントなどを取り合わせたフェスティバルで、昨年は64万人が訪れた。

 宮陵遺跡本部は今年から上半期と下半期の年2回開催する計画だったが、新型コロナウイルス感染の拡大を受けて今年は秋だけ開くことにした。

 宗廟大祭は宗廟祭礼・宗廟祭礼音楽として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。朝鮮王朝時代には年5回執り行われていたが、現在は5月と11月の年2回で、今年5月は3日に催す予定だった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。