Go to Contents Go to Navigation

[韓流]デビュー9周年Apinkが新譜発売 「変わらず心躍る」

記事一覧 2020.04.13 15:37

【ソウル聯合ニュース】今月でデビュー9週年を迎えた韓国の6人組ガールズグループ、Apink(エーピンク)が13日に9枚目のミニアルバム「LOOK」をリリースし、1年3カ月ぶりにグループ活動を再開した。

Apink(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 2011年にデビューしたApinkは、「Mr.Chu」「LUV」「NoNoNo」などのヒット曲を連発。息の長い活動を続けるとともに、メンバーもそれぞれソロ盤を出したり、CMや女優業、バラエティー番組などで活躍している。

 リーダーのパク・チョロンはこの日、所属事務所を通じて発表した一問一答で「ニューアルバムをお聞かせする瞬間は、本当に変わらず心が躍る」と感想を伝えた。

 また、「今年で9周年、10年目になるが、今もアルバムに対する意気込みと期待はデビュー初期と同じだ」としながら「大切なアルバムが積み重なっていくようにメンバーとファンとの思い出が積もっていく気分になり、幸せだ」と語った。

 「LOOK」は「私」をテーマにしたアルバムで、計7曲が収録されている。「私のありのままの姿を愛し、自分が見たままに生きていく」というメッセージ通り、メンバーたちは作品への自信を示した。

 「『これがApinkだ』と思い出してもらいたいです。一方では『さすがApinkだ』とも言われたいです」(オ・ハヨン)

 「『LOOK』というタイトルのように、メンバーそれぞれの魅力を発見できると思います。一人ひとりの魅力がさらに引き立つアルバムではないでしょうか」(ユン・ボミ)

Apink(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 タイトル曲「Dumhdurum」は、Apinkのコンセプトを一新させた「I'm so sick」「%%(Eung Eung)」を手掛けた作曲チームの「ブラックアイド必勝」、作曲家のジョングンと再びタッグを組んだ。ソン・ナウンは「中毒的なメロディーが記憶に残る、とても魅力的なダンス曲だ」と説明する。

 パク・チョロン、チョン・ウンジ、キム・ナムジュの「Be Myself」、ユン・ボミ、ソン・ナウン、オ・ハヨンの「Love is Blind」など、ユニット曲でも多彩な魅力を見せる。

 ファンへの思いを込めた曲も2曲収録された。メンバーは「9周年を迎えるまで最も大きな原動力になってくれたPANDA(ファンクラブ)はいつも新鮮なプレゼントのような存在だ」と口をそろえる。

Apink(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 チョン・ウンジは「時が過ぎて私たちも成長し、その過程に合わせて自然と音楽も一緒に変化してきたようだ」とし、「これからも私たちならではのカラーを出しながら音楽的に成長していきたい」と強調した。

 キム・ナムジュは「まだお見せしていない姿が多いので、これからもさらに新しい姿を期待してほしい」と伝えた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。