Go to Contents Go to Navigation

新型コロナ再陽性が116人に増加 隔離解除者の管理強化へ=韓国

記事一覧 2020.04.13 15:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は13日の記者会見で、新型コロナウイルスによる感染症が完治し隔離が解除された後、再び陽性判定を受けた人が計116人になったと明らかにした。12日から5人増えた。

中央防疫対策本部の鄭本部長(疾病管理本部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 鄭氏によると、再陽性の事例は大邱市で48人、京畿道で10人、慶尚北道で35人など全国で報告されており、20代と50代が多いが全年齢層で見られている。

 新型ウイルスのため、再陽性が発生する原因は明らかになっていない。ただ、防疫当局と専門家は新しいウイルスへの再感染ではなく、感染したウイルスの再活性化が原因と推定している。鄭氏は「原因についてはPCR検査の数値やウイルス培養検査などを通じて確認する」と述べた。

 現段階で再陽性となった感染者からの2次感染は報告されていない。鄭氏は「再陽性者に対する管理を強化する」との方針を示した。

 完治し隔離が解除された人に対しても自主隔離を勧告し、保健所が新型コロナウイルス症状の有無を積極的に調査。症状が出れば検査の実施や隔離などの措置を取る方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。