Go to Contents Go to Navigation

経済回復「雇用に始まり雇用に終わる」 強力な対策強調=文大統領

記事一覧 2020.04.13 17:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、青瓦台(大統領府)で開かれた首席秘書官・補佐官会議で、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響に関連し「経済回復は雇用に始まり雇用に終わる」として強力な雇用対策の必要性に言及した。

首席秘書官・補佐官会議で発言する文大統領=13日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は「大変で困難な時期を乗り越えるために最大の心配が雇用問題だ」とし、特段の対策を機を逃さずに行わなければならないと述べた。

 また、既に大量の失業者が発生した国が出ており、韓国でも失業給付の申請者が大幅に増加し始めたと指摘。経済危機の局面で政府は雇用を守ることに集中するとし、雇用維持のための費用は生産的投資だと強調した。

 また、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策を話し合う「非常経済会議」は総選挙(15日投開票、定数300)のため来週に開催するとした上で、「主眼点を置かなければならないのは、困難でも企業が雇用を維持するようにさせることだ。アジア通貨危機の際に多くの雇用が失われた経験を繰り返してはならない」とし、強力な雇用対策を取る考えを強調した。

 このほか、自営業者など「雇用保険の死角地帯」にいる労働者の支援策を設け、公共事業の前倒しや一時的な緊急雇用の提供といった方策など、多様な対策を準備するよう指示した。

首席秘書官・補佐官会議の様子=13日、ソウル(聯合ニュース)

 新型コロナウイルスに関しては「韓国の防疫技法は国際標準になり、診断キットなど韓国製の製品で『防疫韓流』の風が吹いている」と述べ、韓国の地位が高まっていると評価した。

 一方、今年の世界主要国の経済が大幅なマイナス成長を記録するという見通しを多くの機関が示しているとして、韓国経済も打撃を受けざるを得ないとの見方を示した。

 その上で、韓国の防疫の成果が他国に比べて経済への衝撃を軽減しており、この傾向をより確固としたものにすれば経済回復への時間も早められると述べた。

 文大統領は、総選挙に関して「国際社会の大きな関心事だ」とし、「われわれが全国規模の選挙を行いながらも防疫の成果を維持できれば、正常な社会システムと日常社会に戻れるという希望を国際社会に与えることができる」と強調した。

首席秘書官・補佐官会議で発言する文大統領(左)=13日、ソウル(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。