Go to Contents Go to Navigation

「ポストコロナ」準備を 危機を機会に=文大統領

記事一覧 2020.04.14 14:13

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日の閣議で、「新型コロナウイルスはわれわれが住む世界を以前と違う世界に変えている。経済構造や生き方など社会・経済的に巨大な変化があらわれる激動の時期」として、「『ポストコロナ』時代を最も早く準備し迎える韓国をつくるため国民が心を一つにしてほしい」と述べた。

青瓦台(大統領府)で開かれた閣議で発言する文大統領=14日、ソウル(聯合ニュース)

 新型コロナウイルスが韓国や世界経済に大きな変化をもたらすことに備え、経済構造の再編で韓国が主導的な役割を果たせるよう準備する必要があるとの考えを示したとみられる。

 文大統領は「政府は巨大な変化を危機ではなくチャンスにする能動的な姿勢を持つ」として、「政策手段も過去の慣性と通念を乗り越え、新しい考え方と大胆な意志で変化を主導していきたい」と表明。「危機をチャンスとし、より大きく飛躍する韓国(をつくりたい)。われわれは必ずできる」と強調した。

 新型コロナウイルスが経済に与える影響については「まだ危機の終わりが分からない。経済的に本格的な危機が始まる段階」との認識を示した。また、「前代未聞の衝撃に対応するためにはさらなる覚悟と政策的な決断が必要だ」とし、「特段の雇用対策と企業を再生させるための追加対策を準備しなければならない」と指示した。

 その上で、「日本の輸出規制に対応し、素材・部品・装備(装置や設備)産業を自立化する機会を切り開いたように、世界の供給網の急激な再編に能動的に対処しなければならない」と重ねて強調した。

 また、「新型コロナウイルス事態を経験し、われわれの非対面産業が世界をリードする力があることを確認した」として、「ビッグデータ、人工知能(AI)など第4次産業革命技術と結びつけ、積極的に育てていく」との方針を表明。「ワクチンと治療剤の開発も加速化させ、バイオ・医薬の水準を一段階高めなければならない」として、これらの分野を集中的に支援する考えを明らかにした。

 防疫態勢に関しては、「ウイルスはすでにボーダレスな問題だ。国境の壁を築き、移動を禁止して解決する問題ではない」との認識を示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。