Go to Contents Go to Navigation

新型コロナ再陽性が124人に増加 ウイルス変異の可能性に注目=韓国

記事一覧 2020.04.14 17:22

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は14日、新型コロナウイルスによる感染症が完治し隔離が解除された後、再び陽性判定を受けた人が計124人になったと発表した。13日から8人増えた。

南東部・大邱の高校で防疫作業の準備をする陸軍の将兵ら=14日、大邱(聯合ニュース)

 再び陽性と判定されたのは20代が22.6%(28人)で最も多く、50代が18.5%(23人)、30代が15.3%(19人)、60代が12.1%(15人)、40代と80代がそれぞれ10.5%(13人)、10代と70代がそれぞれ4.0%(5人)だった。0~9歳でも3人(2.4%)が再び陽性判定を受けた。

 防疫当局は、再陽性の事例がウイルスの変異と関係があるかどうかを綿密に調査していると説明した。

 中央防疫対策本部の権ジュン郁(クォン・ジュンウク)副本部長はこの日の定例会見で、「ウイルスを分離・培養して遺伝子を分析する計画だ」と述べ、治療薬やワクチンの開発に重要な遺伝子の部位に変異があるか注目していると説明した。

会見を行う権ジュン郁氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 再陽性となった原因について、専門家らは▼感染力がないか低下したウイルスの粒子が(検査で)発見された▼症状が回復しても完全に消えずに残っていたウイルスが免疫が低下した状態で再活性化した――などの仮説を提示している。

 防疫当局は、再陽性の可能性を踏まえた隔離解除者の新たな管理策を発表する方針だ。

 改善案では、隔離が解除された後にも14日間の自主隔離を勧告。隔離解除者がセルフモニタリングを行い、症状が出ればすぐに再検査を受けるようにする内容を盛り込む。

 また、隔離解除後も多くの人が集まる施設や公共交通機関の利用を控え、家族との接触を減らさなければならないとする保健教育も行う予定だ。

病棟に向かう医療従事者ら(資料写真)=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。