Go to Contents Go to Navigation

韓国総選挙 全国で順調に進む=16日未明に大勢判明の見通し

記事一覧 2020.04.15 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の国会議員300人を決める4年に一度の総選挙の投票は15日午前6時に全国253選挙区にある1万4330カ所の投票所で一斉に始まり、順調に行われている。16日未明ごろ大勢が判明する見通しだ。

ソウル市鍾路区内の投票所でそれぞれ夫人とともに票を投じる共に民主党の李洛淵(イ・ナクヨン、左の写真)候補と未来統合党の黄教安(ファン・ギョアン、右の写真)候補。両候補は、これまで有力政治家を輩出した象徴的な選挙区で「政治1番地」と呼ばれる鍾路区に立候補した=15日、ソウル(聯合ニュース)

 中央選挙管理委員会によると、投票率は午前11時現在15.3%となっている。午前の投票率には10~11日に実施された期日前投票(投票率26.69%)は含まれていない。午後1時以降に発表される投票率に合算される。

 投票時間は午後6時までだが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、自主隔離者は一般有権者の投票終了後に投票する。

 開票は全国251カ所の開票所で午後6時30分ごろから始まる予定だ。選管は、開票率が70~80%程度になるとみられる16日午前2時ごろには、小選挙区の当選者が明らかになると予想している。ただ、開票が遅れた地域や激戦が予想される選挙区は当落の判明に時間がかかるとみられる。

 実際の開票が終了するのは小選挙区が16日午前4時ごろ、比例代表は16日午前8時ごろになる見通し。

 今回の総選挙では小選挙区253議席と、比例代表47議席を合わせて300人の国会議員が選出される。

 新型コロナウイルスによる国難克服を掲げて有権者に支持を訴えた進歩(革新)系与党「共に民主党」は、小選挙区で「130議席プラスアルファ」を見込んでいる。比例と合わせ、定数300議席の過半数を獲得するのが目標だ。

 一方、政権審判や政府・与党の独走けん制を訴えた保守系最大野党「未来統合党」は小選挙区で「110議席プラスアルファ」、比例と合わせて125議席以上の獲得を目指している。

 今回の総選挙は文在寅(ムン・ジェイン)政権に対する中間評価、22年の大統領選に向けた前哨戦という意味合いがある。結果により今後の政局も大きく動く見通しだ。

光州市内の投票所で投票する有権者=15日、光州(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。