Go to Contents Go to Navigation

18歳有権者が初の1票 より良い社会への期待込め=韓国総選挙

記事一覧 2020.04.15 12:59

【ソウル聯合ニュース】韓国で15日に実施された総選挙(定数300)では、選挙権年齢の引き下げに伴い新たに投票権を得た満18歳の若者も貴重な1票を投じた。

投票する高校3年生の若者=15日、清州(聯合ニュース)

 今回の選挙から、投票に参加できる年齢が満19歳以上から満18歳以上に引き下げられた。18歳の有権者は54万8986人で、全体(4399万4247人)の1.2%を占めている。

 朝早くから親や友人と連れ立って各地の投票所を訪れた高校3年生の若者たちの間からは、より良い社会への期待も聞かれた。江原道・春川の女子高生は「若者政策の決定過程に小さいながらも声を添えられるよう、貴重な1票を投じたい」と語った。

 初めて投票するにあたり、立候補者の公約をじっくり読んだとの声もあった。

 ソウルの投票所を訪れた男子高生は「候補や各政党の公約を読み、自分と考えが一番合う候補者と政党を慎重に選んだ」と語り、別の男子高生も「初めての投票なのでとても緊張したが、候補たちがどれだけ実現可能な公約を掲げているのかを見極めて慎重に選択した」と明かした。

 投票は全国253選挙区にある1万4330カ所の投票所で午後6時まで行われる。16日未明ごろ大勢が判明する見通しだ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。