Go to Contents Go to Navigation

首都圏激戦区で与党がリード 韓国総選挙出口調査

記事一覧 2020.04.15 20:24

【ソウル聯合ニュース】韓国の総選挙が15日投開票され、地上波3局(KBS・MBC・SBS)と韓国放送協会は、ソウル市鍾路区の選挙区では前首相で進歩(革新)系与党「共に民主党」公認の李洛淵(イ・ナクヨン)候補が53.0%、保守系最大野党「未来統合党」代表の黄教安(ファン・ギョアン)候補が44.8%を得票するとの出口調査結果を発表した。

総選挙の出口調査の結果、首都圏では与党「共に民主党」候補が優勢とみられる。左から李洛淵候補、黄教安候補、高ミン廷候補、呉世勲候補=(聯合ニュースTV)

 同市広津乙区は前青瓦台(大統領府)報道官で共に民主党公認の高ミン廷(コ・ミンジョン)候補が49.3%、前ソウル市長で未来統合党公認の呉世勲(オ・セフン)候補が48.8%と集計された。銅雀乙区では共に民主党の李寿珍(イ・スジン)候補が54.0%、未来統合党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)候補が43.2%だった。

 開票の結果、入れ替わる可能性もあるが、出口調査では鍾路、銅雀乙、広津乙のソウル3大中心地で共に民主党の候補がリードしたことになる。

 ただ、首都圏でもソウル市松坡乙区(民主党43.3%、統合党53.2%)、江南甲区(民主党39.9%、統合党58.4%)、京畿道高陽甲区(民主党26.9%、正義党39.9%)、仁川市延寿乙区(民主党38.9%、統合党40.0%)などでは共に民主党の候補が劣勢に立たされている。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。