Go to Contents Go to Navigation

新型コロナで「非対面」へ転換加速 関連産業の育成必要=韓国政府

IT・科学 2020.04.16 14:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の科学技術情報通信部は16日、情報通信技術(ICT)非常対策会議をテレビ会議形式で開き、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う社会や経済の変化とその対応策を話し合った。

科学技術情報通信部(資料写真)=(聯合ニュース)

 出席者らは、新型コロナウイルスの流行により在宅勤務やオンライン教育が増え「非対面社会」に転換すると見込み、これに関する産業や技術を育成すべきだと口をそろえた。

 会議を主宰した崔起栄(チェ・ギヨン)科学技術情報通信部長官は「『ポストコロナ』時代には大きな経済、社会的変化があると予想される」とし、「ビッグデータやネットワーク、人工知能(AI)などの技術と、これを活用したデジタルベースの非対面産業を積極的に育成していく必要がある」と指摘した。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。