Go to Contents Go to Navigation

確定投票率66.2% 新型コロナで政治に関心=韓国総選挙

記事一覧 2020.04.16 19:57

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央選挙管理委員会は16日、15日に実施された総選挙(定数300)で有権者4399万4247人のうち2912万6396人が投票し、最終投票率は66.2%で確定したと発表した。

投票で使われるスタンプ。有権者は投票用紙に列記された候補者から投票する人を選び、その氏名の横に設けられた欄に押す(資料写真)=(聯合ニュース)

 ここには10、11両日に行われた期日前投票の投票率26.69%と居所投票(郵便投票)、洋上投票、在外投票の投票率が含まれている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため自宅などで自主隔離している有権者は、一般有権者の投票が締め切られる午後6時以降に投票を行ったが、この投票率も反映された。

 今回の総選挙の投票率は60%の大台を突破しただけでなく、1992年の総選挙の最終投票率71.9%に次いで28年ぶりの高水準となった。

 その後、総選挙の投票率は96年63.9%、2000年57.2%、04年60.6%、08年46.1%、12年54.2%、16年58.0%と推移した。

 今回の総選挙が高い投票率を記録したのは、新型コロナウイルスの流行が長期化する中で有権者の政治に対する関心が高まったことに加え、14年に導入された期日前投票制度が定着したためとの分析が出ている。

 全国の17の広域自治体のうち、最も投票率が高かったのは蔚山市(68.6%)で、最低は忠清南道(62.4%)だった。ソウル市は68.1%で全体平均より高かった。

 そのほかは、世宗市(68.5%)、全羅南道(67.8%)、慶尚南道(67.8%)、釜山市(67.7%)、大邱市(67.0%)、全羅北道(67.0%)、慶尚北道(66.4%)、江原道(66.0%)、光州市(65.9%)、大田市(65.5%)、京畿道(65.0%)、忠清北道(64.0%)、仁川市(63.2%)、済州道(62.9%)の順だった。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。